倒壊した自宅のガレキ選別は専門業者に頼もう

環境に優しくリサイクル

産業廃棄物

工事現場で発生したガレキは、廃棄処理する際、事前に破砕やガレキ選別が必要です。そのままだと環境や、人体に悪影響を及ぼす物もあります。また、道路の路盤材としてリサイクルできる物もあります。選別や破砕は、重機や選別機をしようします。ガレキ選別だけでなく、再利用できる物を買い取りして貰える業者もあります。

廃棄物処理業者の選び方

ごみ

ものづくりに関連する事業を行うときに、重要なのが廃棄物の処理です。ものづくりには廃棄物が必ず発生します。廃棄物処理は相当に手間とコストがかかるため、本業の方にも支障を与えかねません。そのため、専門業者に依頼するメーカーも多いのですが、確かな業者に依頼しなければ後々問題になったりさらなるコストがかかるおそれもあるので要注意です。廃棄物処理の一種にガレキ選別があります。ガレキ選別とは、主に工事などで発生した建物のガレキを選別する処理のことです。ガレキ選別には、手選別と機械選別があります。手選別とは、人間が目で見て手で選別していく作業です。一見非効率に見えますが、様々なものが入り混じっているガレキ選別には機械選別よりも有効なこともあります。ただ行う人の技術や経験によりスピードも正確さも変わってきます。機械選別はふるいや磁力、風力などを利用して行うガレキ選別のことです。ガレキの種類が限られている選別では確実で、コストが安いというメリットがあります。業者を選ぶときは、まずこのどちらがふさわしいのかを考えましょう。その上で業者を絞りこむのがおすすめです。業者を紹介する業者も存在するため、大掛かりな処理になるときはこうしたサービスを利用するのも一つの手でしょう。口コミなどがわかりにくい業界であるため、第三者の客観性が得られるのは大きなメリットです。ただ、選んだ業者を自分たちの会社の目でチェックすることも忘れないようにしましょう。

振動篩機の登場で効率化

廃品

日本の住宅は寿命が30年と言われており、その後は建て替える家が多いのです。その際、廃材が大量に排出されますが、これらはガレキ選別することで再利用したりゴミの削減になったりします。現在では振動篩機の登場で飛躍的に効率が上がりました。レンタル機もあり、今後参入業者が増えていくとみられています。

廃棄物処分は専門業者に

廃棄物

廃棄物処理の必要がある場合は、ガレキ選別ラインを確保している業者に引き取ってもらい適正に進めるようにしましょう。混合廃棄物のガレキ選別は10,000円から18,000円程の料金となっており、木造家屋の解体などで出た木くずはさらに低料金で依頼できます。