倒壊した自宅のガレキ選別は専門業者に頼もう

廃棄物処分は専門業者に

廃棄物

依頼の際の料金

粗大ゴミや建物の解体作業で出た廃棄物の処理は、適正なガレキ選別を行って進めていかなくてはなりません。廃棄物は日々発生しているため、処理が必要なガレキも膨大な量に上ることでしょう。現在ガレキ選別の必要性が生じているなら、ガレキ選別ラインを確保している産廃業者に依頼して適切に行ってもらうことをおすすめします。ガレキ選別ラインを所有している産廃業者では、手作業、磁力、風力と様々な段階を踏んで正確なガレキ選別を行っています。プラスチックやガラス、金属、木くずなど再生処分が可能な精度で選別されるため、安心して依頼することができます。費用は廃棄物の内容によっても変わってきますが、様々な性質の廃棄物が混ざっている混合廃棄物の場合は1立方メートルを単価として10,000円から18,000円程となっています。また木造家屋の解体などでは木くずを中心としたガレキ選別となりますが、この場合は比較的低料金で依頼することが可能です。単価が10,000円を切る料金設定をしている業者がたくさんあるので負担なく依頼できるでしょう。プラスチック混合ガレキや木くず、金属など各社ガレキ品目に合わせて料金を設定しているので利用しやすくなっています。単価設定は立方メートルのほか、重さで換算している業者も存在しており、解体廃材の場合は坪換算になることもあります。各社の対応幅を見極めながら、ガレキの内容に適した業者に依頼し選別を行ってもらいましょう。