倒壊した自宅のガレキ選別は専門業者に頼もう

振動篩機の登場で効率化

廃品

地球保護から需要が上がる

日本の住宅は、寿命が30年ほどと言われています。そのために、古い住宅は壊して立て直すことが多く、そのためにゴミやガレキが大量に排出されます。また最近では、日本全国で大きな地震が頻発しており、建物が倒壊する被害も多くみられ、そのガレキ処理は膨大な量に上ります。古くはこういったガレキは埋め立て処理されることが一般的でした。しかし近年の地球環境汚染問題や新たな埋め立て地確保の困難な状況から、ガレキ選別の重要性が問われているのです。今までは、ゴミを減らし資源の再利用を図るガレキ選別は、人の手を使いひとつひとつ目視で行われてきました。しかし人出不足や選別時間の短縮を解消するために、ガレキ選別を効率よく行う振動篩機が登場し、飛躍的に選別の手間を削減することが可能になったのです。こうした振動篩機の利用により、高騰する人件費を節約することが出来、ガレキ選別にかかる費用を抑えることが出来るのです。今後も増えていくと予想されるガレキ選別は、今注目の業界であるのです。振動篩機は通常は企業が購入するパターンが多くみられます。しかし、機械1台の金額は高額になります。最近では、ガレキ選別業者が増えてきたこともあり、振動篩機のレンタルを行っているところもあります。こうしたレンタルを利用する事で、導入コストを下げたり、新製品が利用しやすくなったりといったメリットも生まれています。高度成長期に建てられた住宅などは、現在建て替えが進められています。地球環境保護の声も高まっており、今後ますますガレキ選別は注目が高くなるに違いありません。